手紙の書き方@丸わかりガイド

手紙の書き方についてのポイントをご紹介!


頭語、結語の話

手紙の冒頭に「拝啓」や「謹啓」、「前略」といった言葉をよく目にします。
これを頭語といい、正式な手紙には必ず使われる言葉です。そしてこの文頭
に使われる頭語と同じように、文末には結語というものが存在します。
「敬具」や「草々」といった言葉です。また、頭語と結語はそれぞれ呼応
していて、「拝啓」で始めた場合は「敬具」で終える、「前略」で始めた
場合は「草々」で終える、といった決まりがあります。

さらに言うと手紙を出す相手や場面、書き手の性別などによって大体使わ
れる頭語と結語は決まっています。一般的な手紙なら「拝啓」〜「敬具」
「前略」〜「草々」ですが、他にも場面に応じた頭語、結語がありますので、
いくつか紹介します。

まず、一般的な場合は、今言ったものが通常ですが、書き手が女性の場合、
「一筆申し上げます」〜「かしこ」という場合もあります。次にあらたまった
丁重な手紙の場合は、「謹啓」〜「敬白」を使い、書き手が女性の場合、
「謹んで申しあげます」〜「かしこ」。急用の手紙のときは「急啓」〜「草々」
相手の手紙への返信の場合は「拝復」〜「敬具」、同じ人に再度出す場合は
「再啓」〜「敬具」など。

ただ最近ではここまで厳密に使い分ける人はあまりいませんから一般的な頭語、
結語でいいでしょう。しかし、書き手が女性の場合は、女性特有の言い回しを
することが未だに多いようです。「かしこ」とは、「もったいない」とか
「畏れ多い」という意味で、手紙を書くという行為が男性のものとされて
いた時代に、「畏れ謹んでこの手紙を書きました」という気持ちが込められ
ていたのです。

[リンク]記者の求人探しの総合サイト

ここだけはチェック!手紙の書き方のポイント!

手紙の書き方には、内容によってそれぞれポイントが あります。例えばお礼状を書く際のポイントです。 この場合は、内容は二の次、とにかく早く出すことです。 うまく書こうとか、きれいに書こうとするよりも、 とにかく早く感謝を伝えたい、この気持ちが大事です。 ですから、ビジネス上の付き合いの場合でも、あまり形式 にこだわらなくても、この場合は構いません。感謝の気持ち を込めて書きましょう。   書き方のポイントへ